名前

Mojo::Util - ポータブルなユーティリティ関数

使い方

use Mojo::Util qw(b64_encode url_escape url_unescape);

my $str = 'test=23';
my $escaped = url_escape $str;
say url_unescape $escaped;
say b64_encode $escaped, '';

説明

Mojo::UtilMojo にポータブルなユーティリティ関数を提供します。

関数

Mojo::Util は以下の関数を実装します。

b64_decode

my $bytes = b64_decode $b64;

MIME::Base64を使って、Base64 デコードします。

b64_encode

my $b64 = b64_encode $bytes;
my $b64 = b64_encode $bytes, "\n";

MIME::Base64を使って、Base64 エンコードします。

camelize

my $camelcase = camelize $snakecase;

スネークケースの文字列をキャメルケースの文字列へ変換します。 -::に変換されます。

# "FooBar"
camelize 'foo_bar';

# "FooBar::Baz"
camelize 'foo_bar-baz';

# "FooBar::Baz"
camelize 'FooBar::Baz';

class_to_file

my $file = class_to_file 'Foo::Bar';

クラス名をファイル名に変換します。

# "foo_bar"
class_to_file 'Foo::Bar';

# "foobar"
class_to_file 'FOO::Bar';

# "foo_bar"
class_to_file 'FooBar';

# "foobar"
class_to_file 'FOOBar';

class_to_path

my $path = class_to_path 'Foo::Bar';

クラス名をパス名に変換します。

# "Foo/Bar.pm"
class_to_path 'Foo::Bar';

# "FooBar.pm"
class_to_path 'FooBar';

decamelize

my $snakecase = decamelize $camelcase;

キャメルケースの文字列をスネークケースの文字列へ変換します。 ::-に変換されます。

# "foo_bar"
decamelize 'FooBar';

# "foo_bar-baz"
decamelize 'FooBar::Baz';

# "foo_bar-baz"
decamelize 'foo_bar-baz';

decode

my $chars = decode 'UTF-8', $bytes;

Encodeを使って、バイト列を文字列にデコードします。

deprecated

deprecated 'foo is DEPRECATED in favor of bar';

呼び出し元の視点から廃止予定の機能の警告を出します。 MOJO_FATAL_DEPRECATIONS環境変数を設定すれば、 変わりに例外を発生させることができます。

dumper

my $perl = dumper {some => 'data'};

Perlのデータ構造をData::Dumperでダンプします。

encode

my $bytes = encode 'UTF-8', $chars;

Encodeを使って、文字列をバイト列にエンコードします。

extract_usage

my $usage = extract_usage;
my $usage = extract_usage '/home/sri/foo.pod';

Extract usage message from the SYNOPSIS section of a file containing POD documentation, defaults to using the file this function was called from.

PODドキュメントを含むファイルのSYNOPSISセクションから使用法メッセージを抽出しあmす。 デフォルトでは、この関数が呼び出されたファイルを使用します。

# "Usage: APPLICATION test [OPTIONS]\n"
extract_usage;

=head1 SYNOPSIS

  Usage: APPLICATION test [OPTIONS]

=cut

getopt

getopt
  'H|headers=s' => \my @headers,
  't|timeout=i' => \my $timeout,
  'v|verbose'   => \my $verbose;
getopt $array,
  'H|headers=s' => \my @headers,
  't|timeout=i' => \my $timeout,
  'v|verbose'   => \my $verbose;
getopt $array, ['pass_through'],
  'H|headers=s' => \my @headers,
  't|timeout=i' => \my $timeout,
  'v|verbose'   => \my $verbose;

Getopt::Longを使って、配列のリファレンスからオプションを抽出しますが、グローバルな設定は、変更しません。 デフォルトでは、@ARGVを使います。設定オプションは、デフォルトで、no_auto_abbrevno_ignore_caseが有効になっています。

# "charset"オプションを抽出
getopt ['--charset', 'UTF-8'], 'charset=s' => \my $charset;
say $charset;

hmac_sha1_sum

my $checksum = hmac_sha1_sum $bytes, 'passw0rd';

バイトのためにHMAC-SHA1チェックサムを生成します。

# "11cedfd5ec11adc0ec234466d8a0f2a83736aa68"
hmac_sha1_sum 'foo', 'passw0rd';

gunzip

my $uncompressed = gunzip $compressed;

IO::Compress::Gunzipを使って、バイト列を解凍します。

gzip

my $compressed = gzip $uncompressed;

IO::Compress::Gzipを使って、バイト列を圧縮しています。

html_attr_unescape

my $str = html_attr_unescape $escaped;

Same as "html_unescape", but handles special rules from the HTML Living Standard for HTML attributes.

"html_unescape"と同じですが、HTML属性のためにHTML Living Standardからの特別なルールで処理します。

# "foo=bar<est=baz"
html_attr_unescape 'foo=bar<est=baz';

# "foo=bar<est=baz"
html_attr_unescape 'foo=bar<est=baz';

html_unescape

my $str = html_unescape $escaped;

文字列を HTML5 アンエスケープします。

# "<div>"
html_unescape '<div>';

md5_bytes

my $checksum = md5_bytes $bytes;

Digest::MD5を使って、バイトのためにバイナリ MD5 チェックサムを生成します。

md5_sum

my $checksum = md5_sum $bytes;

Digest::MD5を使って、バイトのためにMD5 チェックサムを生成します。

# "acbd18db4cc2f85cedef654fccc4a4d8"
md5_sum 'foo';

monkey_patch

monkey_patch $package, foo => sub {...};
monkey_patch $package, foo => sub {...}, bar => sub {...};

関数をパッケージのなかにモンキーパッチします。

monkey_patch 'MyApp',
  one   => sub { say 'One!' },
  two   => sub { say 'Two!' },
  three => sub { say 'Three!' };

punycode_decode

my $str = punycode_decode $punycode;

RFC 3492で解説されているPunycode デコードします。

# "bücher"
punycode_decode 'bcher-kva';

punycode_encode

my $punycode = punycode_encode $str;

RFC 3492で解説されているPunycodeエンコードします。

# "bcher-kva"
punycode_encode 'bücher';

quote

my $quoted = quote $str;

文字列をクォートします。

secure_compare

my $bool = secure_compare $str1, $str2;

タイミングアタックを防ぐための定数時間比較アルゴリズム。

sha1_bytes

my $checksum = sha1_bytes $bytes;

Digest::SHAを使って、バイトのためにバイナリ SHA1 チェックサムを生成します。

sha1_sum

my $checksum = sha1_sum $bytes;

Digest::SHAを使って、バイトのためにSHA1 チェックサムを生成します。

# "0beec7b5ea3f0fdbc95d0dd47f3c5bc275da8a33"
sha1_sum 'foo';

slugify

my $slug = slugify $string;
my $slug = slugify $string, $bool;

Returns a URL slug generated from the input string. Non-word characters are removed, the string is trimmed and lowercased, and whitespace characters are replaced by a dash. By default, non-ASCII characters are normalized to ASCII word characters or removed, but if a true value is passed as the second parameter, all word characters will be allowed in the result according to unicode semantics.

入力文字列から生成されたURLスラッグを返します。非単語文字は 削除され、文字列はトリミングされ、小文字化されます。空白文字は ダッシュで置き換えます。デフォルトでは、非ASCII文字はASCIIに正規化されるか、取り除かれます。 2番目のパラメーターに、真の値が渡された場合 パラメータでは、結果にはすべての単語の文字はUnicodeのセマンティクスに応じて許可されます。

# "joel-is-a-slug"
slugify 'Joel is a slug';

# "this-is-my-resume"
slugify 'This is: my - résumé! ☃ ';

# "this-is-my-résumé"
slugify 'This is: my - résumé! ☃ ', 1;

split_cookie_header

my $tree = split_cookie_header 'a=b; expires=Thu, 07 Aug 2008 07:07:59 GMT';

split_headerと同じですが、 RFC 6265. からのexpiresの値を処理します。

split_header

 my $tree = split_header 'foo="bar baz"; test=123, yada';

HTTPヘッダの値を分割します。

HTTPヘッダの値を、キーと値のペアに分割します。 それぞれのコンマで分割された部分は、配列のリファレンスになります。 値のないキーにはundefが割り当てられます。

# "one"
split_header('one; two="three four", five=six')->[0][0];

# "two"
split_header('one; two="three four", five=six')->[0][2];

# "three four"
split_header('one; two="three four", five=six')->[0][3];

# "five"
split_header('one; two="three four", five=six')->[1][0];

# "six"
split_header('one; two="three four", five=six')->[1][1];

steady_time

my $time = steady_time;

過去の任意の固定した点から経過した高い分解時間。 これはTime::HiResをとおしてモノトニッククロックが利用可能であれば、 回復力のあるタイムジャンプを提供します。

tablify

my $table = tablify [['foo', 'bar'], ['baz', 'yada']];

テキストテーブルのための、行指向ジェネレーター。

# "foo   bar\nyada  yada\nbaz   yada\n"
tablify [['foo', 'bar'], ['yada', 'yada'], ['baz', 'yada']];

term_escape

my $escaped = term_escape $str;

\nを除いたすべてのPOSIXコントロール文字をエスケープします。

# "foo\\x09bar\\x0d\n"
term_escape "foo\tbar\r\n";

trim

my $trimmed = trim $str;

文字列の両端にある空白文字を除去します。

# "foo bar"
trim '  foo bar  ';

unindent

my $unindented = unindent $str;

複数行の文字列をアンインデントします。

# "foo\nbar\nbaz\n"
unindent "  foo\n  bar\n  baz\n";

unquote

my $str = unquote $quoted;

文字列をアンクォートします。

# "foo%3Bbar"
url_unescape 'foo;bar';

url_escape

my $escaped = url_escape $str;
my $escaped = url_escape $str, 'A-Za-z0-9\-\.\_\~';

RFC 3986で解説されている文字列において、安全でない文字を パーセントエンコードします。 このパターンのデフォルトは^A-Za-z0-9\-._~です。

# "foo%3Bbar"
url_escape 'foo;bar';

url_unescape

my $str = url_unescape $escaped;

RFC 3986で解説されている文字列のおいて パーセントエンコーディングされた文字をデコードします。

# "foo;bar"
url_unescape 'foo%3Bbar';

xml_escape

my $escaped = xml_escape $str;

文字列の中の安全でない文字である &, <, >, ", ' をエスケープします。

# "<div>"
xml_escape '<div>';

# "<div>"
use Mojo::ByteStream 'b';
xml_escape b('<div>');

xor_encode

my $encoded = xor_encode $str, $key;

可変長の長さのキーを使って、文字列をXORエンコードします。

参考

Mojolicious, Mojolicious::Guides, http://mojolicio.us.

(Mojolicious 8.12を反映。2019年6月3日)

Mojoliciousドキュメント日本語訳の紹介