名前

Mojo::Server::Morbo::Backend - Morboのバックエンドの基底クラス

使い方

package Mojo::Server::Morbo::Backend::Inotify:
use Mojo::Base 'Mojo::Server::Morbo::Backend';

sub modified_files {...}

説明

Mojo::Server::Morbo::BackendMojo::Server::Morbo::Backend::PollのようなMorboのバックエンドの抽象基底クラスです。

属性

Mojo::Server::Morbo::Backendは次の属性を実装しています。

watch

my $watch = $backend->watch;
$backend  = $backend->watch(['/home/sri/my_app']);

変更を監視するためのファイルとディレクトリ。デフォルトはアプリケーションスクリプトと、 現在の作業ディレクトリのlibおよびtemplatesディレクトリ。

watch_timeout

my $timeout = $backend->watch_timeout;
$backend    = $backend->watch_timeout(10);

ファイルが変更するのを待つときときにバックエンドがブロックする最大秒数。 デフォルトはMOJO_MORBO_TIMEOUT環境変数の値または1。

METHODS

Mojo::Server::Morbo::Backendは、Mojo::Baseのすべてのメソッドを継承しており、次の新しいメソッドを実装しています。

modified_files

my $files = $backend->modified_files;

前回のチェック以降に"watch"のファイルが最後のチェックから修正されたかを確認します。 結果の入った配列リファレンスを返します。オーバーロードされることが予定されています。

# 修正されたすべてのファイル
say for @{$backend->modified_files};

SEE ALSO

Mojolicious, Mojolicious::Guides, https://mojolicious.org.

(Mojolicious 8.12対応。2019年5月28日更新)

Mojoliciousドキュメント日本語訳の紹介