名前

Mojo::Asset - HTTPコンテンツのストレージの基底クラス

使い方

package Mojo::Asset::MyAsset;
use Mojo::Base 'Mojo::Asset';

sub add_chunk {...}
sub contains  {...}
sub get_chunk {...}
sub move_to   {...}
sub mtime     {...}
sub size      {...}
sub slurp     {...}

説明

Mojo::Assetは、Mojo::Asset::File,Mojo::Asset::Memoryのような、HTTPコンテンツの保存のための抽象基底クラスです。

イベント

Mojo::Assetは、Mojo::EventEmitterのすべてのイベントを継承しています。

属性

Mojo::Assetは次の属性を実装しています。

end_range

my $end = $asset->end_range;
$asset  = $asset->end_range(8);

より早くファイルが終わるように見せかけます。

start_range

my $start = $asset->start_range;
$asset    = $asset->start_range(3);

より後でファイルが始まるように見せかけます。

メソッド

Mojo::Asset Mojo::EventEmitterのすべてのメソッドを継承し、 次の新しいメソッドを実装しています。

add_chunk

$asset = $asset->add_chunk('foo bar baz');

データのチャンクを資源に追加します。 サブクラスでオーバーロードされます。

contains

my $position = $asset->contains('bar');

資源が、指定した文字列を含んでいるかをチェックします。 サブクラスでオーバーロードされます。

get_chunk

my $bytes = $asset->get_chunk($offset);
my $bytes = $asset->get_chunk($offset, $max);

指定した位置から始まる、データのチャンクを取得します。 131072バイト(128KB)が最大のチャンクサイズのデフォルトです。 サブクラスでオーバーロードされます。

is_file

my $false = $asset->is_file;

常に偽になります。これはMojo::Asset::Fileオブジェクトではありません。

is_range

my $bool = $asset->is_range;

アセットがstart_rangeあるいはend_rangeを持つかどうかをチェックします。

move_to

$asset = $asset->move_to('/home/sri/foo.txt');

資源データを指定したファイルに移動します。 サブクラスでオーバーロードされます。

mtime

my $mtime = $asset->mtime;

アセットの修正された時刻。サブクラスでオーバーロードすることが予定されています。

size

my $size = $asset->size;

資源データのバイトサイズです。 サブクラスでオーバーロードされます。

slurp

my $string = $file->slurp;

一度にすべての資源データを読み込みます。 サブクラスでオーバーロードされます。

to_file

my $file = $asset->to_file;

資源をMojo::Asset::Fileオブジェクトに変換します。 サブクラスでオーバーロードされます。

参考

Mojolicious, Mojolicious::Guides, http://mojolicio.us.

(2019/03/16 Mojolicious 8.12)

Mojoliciousドキュメント日本語訳の紹介